So-net無料ブログ作成

オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」 [ワールドメイト・読書]

 ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00に放送されている「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2015年11月20日放送分で、深見東州先生が、ドイツの哲学者オイゲン・ヘリゲルが書いた「弓と禅」という有名な本を絶賛されていたので読んでみました。

 「ワールドメイトブログ 豊かな人生を」さんが2015年11月20日放送分を書き起こしています。
「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2015年11月20日前半


弓と禅

弓と禅

  • 作者: オイゲン・ヘリゲル
  • 出版社/メーカー: 福村出版
  • 発売日: 1981/11
  • メディア: 単行本




 ドイツの哲学者オイゲン・ヘリゲルは、大正13年(1924年)から昭和4年(1929年)まで、東北帝国大学に招かれて哲学及び古典語の講義を担当した。日本滞在中に弓道の修行を通して禅の思想と出会い、日本文化の根底に流れている禅への造詣を深めていく。「日本の弓道は驚嘆すべき技術だ」といい、この”驚嘆すべき技術”に身命を賭して没頭し、血のにじむような苦闘の後、ついにその奥義を極めた体験の内容が「弓と禅」である。西洋人による「禅」の哲学書であり、この本はスティーブ・ジョブズの愛読書としても有名。

 弓道の達人、阿波研造に弟子入したヘリゲルは、筋肉を使わずして弓を引くことを要求され、呼吸法による精神の集中を要求され、矢を放つ時には放とうという意志を持たずに放つことを要求され、最後に的を見ないで的を射ることを要求された。

 ヘリゲルは、稽古を繰り返したが、最後にひとつの抗議が言葉となって現れた。
「それでは先生は眼隠しをしてもあてられるに違いないでしょうね」
師範は「今晩お出でなさい」とヘリゲルを招いた。

 夜に招かれたら、道場には明々と電燈がついていたが、的山の方は真っ暗で、細長い蚊取り線香を的の前に差し込ませたのみで、的は見えない、的山の輪郭も見えない状況だった。

 師範は矢を二本放つ。一本目は炸裂音で矢が的に当たったことがわかった。二本目も当たった。的山の電燈をつけた時、一本目は的の真ん中に命中し、二本目は一本目の矢筈(矢の末端の弓弦を受ける部分)にあたり、その矢を引き裂いて、一本目と同じく的の真ん中に命中しているのをみて、ヘリゲルは呆然とした。

 この二本の矢により、ヘリゲルは一晩のうちにまるっきり別人になったかのように、矢やそれがどうなったかということについて、心を煩わすことがなくなった。

 ある日のこと、ヘリゲルの射が自ら放れていった瞬間に師範は叫んだ、「それが現れました、お辞儀しなさい」と。

 かくて射ようとする意志、的に当てようとする意志も滅却して、換言すれば完全に我を離脱して、我が射るのではなくて、”それ”が射るという絶対無の立場に徹したとき、初めて弓道の奥義を極めることができるのである。



 深見東州先生のツイートに「真髄について」つぶやいたものがあります。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。