So-net無料ブログ作成
検索選択

大救霊の証 (深見東州先生のお取次ぎによる)

 先日、深見東州先生の「大救霊」のお取次ぎが行われました。

 この「大救霊」は、ワールドメイトでは年に2回ぐらい行われます。

 私がいつも楽しみにしている、祈祷会の一つでもあります。
 今回も受けさせて頂いたのですが、大きな証がありましたので、皆様にご紹介いたします。


 最近、ワールドメイトで教わる『神法悟得会(入門篇)』のお祈りの方法で、神仏や他者の幸せを祈っていると、私の過去の嫌な記憶が次々と飛び出してくるようになったのです。

 神仏や他者の幸せを祈っている世界(霊界)から離れると、この嫌な記憶が潮のように(嫌がらせのように)湧き出てでてくるのです。
(以前は全くこんなことは無かったのにです。)

 以前も紹介しましたが、「因縁は想念の歪みから生じる」と真言密教初租である『龍猛菩薩』は言っているので、この嫌な記憶が出ても気にしないようにしていました。

 しかし、それでも悪想念のボリュームが大きくなっていったのです。

 500年の1度の天才と称された、白隠禅師は常に「正念工夫」をせよと言っていますので、どれだけ悪想念のボリュームが大きくなろうと、気にせずにいました。

 そんな折に、この深見東州先生のお取次ぎによる「大救霊」に参加させて頂いたのです。

 朝方に深見東州先生のお取次ぎが行われたということもあって、お取次ぎ中、私はウトウトとしておりました。
 そしたら、こんな夢を見たのでした。

 学校で授業を受けている時も、
 椅子に座っているときも、
 運動しているときも、
 仕事をしているときも、

 何をするのにも、私の足を引きずろうとしている存在に、まとわりつかれ、邪魔をされているという夢を見ました。

 フッと目覚めたら、

 深見東州先生が、生活に良くない影響を与える、崇(たた)り霊を救霊していたのです。

その瞬間に私は、
「この夢の中に出てきた存在が、過去から現在までずっと、私に影響を与えていた」 
 のだと直感しました。

私は、
「先祖のやったこととはいえ、あなたに迷惑をかけて申し訳なかった、先祖の代表として、子孫の私がお詫び申し上げます。
 と、私はお祈りをさせて頂きました。

 そして、「許す」という深見東州先生の声で、すごく体が軽くなって爽快になったのです。
 あの潮のように押し寄せていた、悪想念も全く出てこなくなりました。

 また、目に見えざる影響がこんなにもあるのだと、再認識いたしました。

 ワールドメイトに入会して、15年以上経っていますが、

「まだ奧の奥には、いろいろと潜んでいるものだ」
 と思いました。

 これも、私の魂の奥の奥へと、段々と光が当たってきている証拠かもしれません。

 今は、昔の自分とは考えられないぐらい爽快です。

 今は、祈りの力が圧倒的に押していて、雑念妄想もほとんど湧いてきません。

 時間が経てば経つほど、

 ワールドメイトとの縁がつながって、「神人合一」の道が学べ、また深見東州先生に「大救霊」お取次ぎをして頂けることに、感謝する次第です。

(ワールドメイトに入会していなければ、ハチャメチャで病的な人間になっていたはずです。)




応援クリックをお願いいたします。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ハーバードナンパスクール佐藤エイチ

興味深いです。
by ハーバードナンパスクール佐藤エイチ (2013-05-18 18:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。