So-net無料ブログ作成
検索選択

解かった!法華経の「良医病子の譬え(ろういびょうし、如来寿量品)」 その2

その1からの続きです。

●法華経の如来寿量品は、二乗作仏、声聞・縁覚をも救える

 なるほど、二乗作仏、声聞・縁覚は、
(自分なりの見識や感覚で、覚った思い、それ以上精進をしない人達のこと。:腹を壊して苦しんでいる子供達のこと。)
 このお釈迦様の慈悲深さに比べたら、紙屑のようなものです。

 覚りとは永遠に続くのですから、お釈迦様を見らなって、生きていても、たとえ亡くなったとしても、ずっとずっと精進をし続けなければいけなのです。まさに、法華経の如来寿量品は、二乗作仏、声聞・縁覚をも救えるのです。


●白隠はやっぱり天才だ。菩提心なければ魔道に堕つ。
(白隠は、法華経の如来寿量品より覚ったはず。)

 私は、白隠禅師のことが好きで、以前以下のように、白隠さんのことをご紹介させて頂きました。


★松蔭寺参拝記 では
http://worldmate-hope-earth.blog.so-net.ne.jp/archive/201201-1

 白隠は、42歳で、「この経に功徳なし」と、一度は捨てた法華経を、42歳で読みなおしたときに、「お釈迦様は、こんなにも慈悲が深かったのか」と悟り、滂沱の涙と共に、大悟したそうです。


★白隠はやっぱり天才だ。菩提心なければ魔道に堕つ。 では
http://worldmate-hope-earth.blog.so-net.ne.jp/2011-05-09

(「白隠禅師法語全集 第8冊」より一部引用)

 白隠27歳の時、遠州新居の龍谷寺で、たまたま「沙石集」を読んでいて、ある言葉に出会って大いに恐怖して、それまでの慢心をすっかり砕かれたのであった。

 昔、春日の大神君、笠置(かさぎ)の解脱上人に告げ玉わく、

「およそ拘留孫仏(くるそんぶつ)よりこのかた、一切の智者および高僧、菩提心無き者はことごとく魔道に堕す
と。この言葉を見て、思わず身の毛がよだったのだ。

 それ以来、「菩提心」とはいったい何かと、久しく考えて来た。お経を読んだり写経をしたりするのも菩提心のためではないか、仏さまを拝むのも菩提心であろう。

 ましてや、難行苦行をされた智者高僧方ではないか、どうして菩提心のないことがあろうか。

 それにしても「一切の智者および高僧、菩提心無き者はことごとく魔道に堕す」という神慮には、きっと深いお示しがあるに違いない、と。

 そして、42歳になった時にようやく菩提心とは四弘誓願(しぐせいがん)の実践に他ならないのだと確信したのだった。

 もし春日神君のご神慮がなかったならば、私のごときは必ず魔道に堕ちていたことであろう。ありがたや春日大神君、その本地はまさに地蔵菩薩であろう。

(白隠禅師法語全集 第8冊 の引用終了)
-------------------

 ようするに、どれだけ高い悟りを得ても、菩提心を持って、今後も修行に励まないと、魔道に落ちますよ。ということなのです。
※白隠は悟後の修行の大切さを説いております。

 前回の十牛図にありましたが、牛を捕えて自分の物とできても、そこで安住していたらいけないのですよ、そこで慢心していたら魔道に落ちますよ、ということです。

 では、菩提心とは何かと言うと、白隠は42歳の時に、四弘誓願(しぐせいがん)に違いないと喝破しました。

 白隠42歳といえば、法華経を読んで大悟した時ですから、お釈迦様に追い付いたときに、そう確信したということです。


●四弘誓願とは(wikipediaより)

 四弘誓願(しぐせいがん)とは、菩薩が仏道を求めるとき、最初に立てる四つの誓願のこと。菩薩が普遍的に追求すべきものであるとされているため、全ての菩薩の共通の誓願である。


★四弘誓願

一、衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)
地上にいるあらゆる生き物をすべて救済するという誓願

二、煩悩無量誓願断(ぼんのうむりょうせいがんだん)
煩悩は無量だが、すべて断つという誓願

三、法門無尽誓願智(ほうもんむじんせいがんち)
法門は無尽だが、すべて知るという誓願

四、仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう)
仏の道は無上だが、かならず成仏するという誓願

(wikipediaの引用終了)
-------------------

(四弘誓願に関する、私の簡単な解釈)

 悟りとは無限にあるのだから、立ち止まることなく、今後も神仏を信じ、ずっとずっと求道に励みなさいよと。
 そして、悟ったものを、自分だけの物として止めないで、ずっとずっと人に伝えていきなさいよ。

ということかと思います。

(白隠はやっぱり天才だ。菩提心なければ魔道に堕つ。の引用終了)
-----------------------


●白隠は、法華経の如来寿量品を読んで大悟したに違いない。

 白隠は、法華経の如来寿量品を読んで、お釈迦様の深い慈悲心を知り、

--------------
その1より お釈迦様の慈悲心

(お釈迦様は、永遠の存在であり、生きていれば、現実の世界で、衆生を済度しつづけ、亡くなっても、あの世から、衆生を済度して続け、再び生まれ変わってきても、衆生を済度し続けているのです。永遠に衆生を済度し続けているのです。)
--------------

 一生涯「菩提心」を持ち続けて、精進することの大切さを深く覚ったのだと私は思います。

(菩提心を持たない状態は、二乗作仏、声聞・縁覚の状態であり。お弟子達が、まさに腹を壊している状態なのです。)

 だからこそ、白隠は、84歳で入寂するまで、弟子を育て続け、自身も求道に励み精進し続けられたのでしょう。

 さすが、生涯に「大悟徹底七度八度、小悟徹底枚挙に暇なし」と言わしめた白隠禅師です。まさに500年に一度の天才です。白隠の覚りは本物です。

 改めて、私は白隠の素晴らしさを、如来寿量品から伺い知れた気がいたしました。


●人というのは、一生涯、(たとえ亡くなっても、そして生まれ変わってきても)ずっと精進し続けなればいけない。

 法華経の如来寿量品を読んでいるうちに、白隠につながっていったのは、とても意外でした。
 ですが、この解釈で、間違いないと思います。

 ですから、私も、一生涯、「久遠実成の釈迦牟尼仏」や「白隠」を見習って、この菩提心を持って、精進していきたいと心新たに、決意した次第です。

 日蓮上人の言うとおり、法華経で最も一番大切な箇所だと、私は感じ入りました。


●「先天の修行」ワールドメイト(リンク)で教えて頂いたからこそ、如来寿量品が理解できた。

 ここまで、私の解説を紹介させて頂きましたが、ワールドメイトリーダー、深見東州先生は、ご講演で、何回も白隠さんや、法華経の解説をして下さっております。

 そのおかげで、なかなか理解できなかった、如来寿量品が、心底解った気がしました。

 私の直感なのですが、この法華経の「良医病子の譬え(ろういびょうし、如来寿量品)」を、ちゃんと理解している人は、この世にある仏教教団の中には、ほとんどいないのではないかと思います。

 私自身、たぶん、他教団にいたのでは、絶対に分からなかったはずです。

 ワールドメイトで、先天の修行をさせて頂いていたからこそ、私は、理解できたのだと思います。(完璧に理解できているかはわかりません。しかし、ほぼ間違いないとは思います。)
http://worldmate-hope-earth.blog.so-net.ne.jp/archive/20110516

 ワールドメイトおよび深見東州先生との縁ができたことに、私は本当に感謝させて頂きます。




応援クリックをお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。