So-net無料ブログ作成
検索選択

神仏に帰依して生きる人は、悪しき因縁に惑わされなくなる。


 神仏に帰依して生きることは、なぜ「良い」のか、なぜ「幸せな人生が送れるのか」を、最近私は考えておりました。

 先日、龍猛菩薩の「菩提心論」(和訳)を読んでいて、「なるほど」、と思う箇所がありましたので、皆様にご紹介いたします。

「龍猛菩薩とは」(wikipedia


●龍猛菩薩の「菩提心論」(和訳)より(一部抜粋)

龍猛菩薩の「菩提心論」にこういっています。
「およそ迷いの世界の諸法は妄想より生じます。

 そしてこの妄想から、つぎつぎに妄想を生じて、無量無辺の煩悩を作り、六趣に輪廻するのです。

 しかし、もし悟(さと)り了(おわ)ったなら妄想はなくなりますし、妄想にもとづいた種々の法は滅します。

 それゆえ、これらに本来の自性(じしょう)があるわけではありません。

(引用終了)


●雑念妄想は、人を不幸にする悪因縁を引き込む根源である。

 これを読むとよくわかるのですが、人を不幸にする悪因縁というのは、すべて妄想から生じる煩悩から生み出されているのです。

 考えてみればその通りなのです。迷いというのは、すべて妄想から出ているのです。この妄想が、深い妄想を呼び、それが煩悩となって、悪因縁を引き込んでいるのです。

 前のブログ記事「ワールドメイトの神人合一の法を学べば、幸せな人生を歩める。神仏に助けてもらって人生を歩める。 」でも書きましたが、私の青年期は、雑念妄想があまりにも出てくるため、自分を苦しめていました。(本当に毎日が苦しかったです。)

 この雑念妄想から迷いが生じ、学校でも、先生に怒られる、友人関係が壊れていく、という悪しきことが、連続で起きていたことを、龍猛菩薩の「菩提心論」を読んで、思い出しました。

 あの時、私を苦しめていた根源は、全て雑念妄想だったのです。

 悪口をグチャグチャ言う人も、悪口の根本は、妄想から生じる煩悩なはずです。
 悪口が悪口を呼び、終(しま)いには悪因縁を呼び、にっちもさっちも、いかなくなってしまうのです。

(明るくて素直な人というのは、あまり妄想が出ている感じはありません。)

 私の青年期は、この負のスパイラルに嵌っていたのです。


●雑念妄想を捨てることは、悪因縁から解放される第一歩である。

 しかし、ワールドメイト入会して、救霊を受け、神法悟得会入門篇のお祈りに基づく生き方をすることで、少しずつ雑念妄想が出てこなくなりました。
 体がだんだん楽になっていきました。嫌なことも、余り起こらなくなりました。そして、毎日が楽しくなっていきました。

 今では、なるべく神仏に心を向けて生活をしているので、ほとんど雑念妄想が出てきません。
(たまに出てきても、すぐに自分で消しております。)

 だからこそ、神仏に帰依して、信仰を持って一生懸命頑張る人は、雑念妄想が出て来ないので、悪因縁に巻き込まれることが無くなるのです。
(また、新たなる悪因縁を作ることもありません。)

 それゆえに、性格もどんどん明るくなって、良き人生になっていくのではないでしょうか。

 私は、真言八祖の一祖である、龍猛菩薩(西暦150頃~250年頃)は偉大であると思いました。今から約1800年も前に、人が不幸になっていくメカニズムを明確にして、文面化していたわけですから。

 この真理が、今の時代でも当てはまるというのも、何か不思議な感じがいたします。

 私は、この龍猛菩薩の言葉を大切にしながら、今後も、神仏に帰依しながら、信仰心を持って生き貫いていきたいと思った次第です。




応援クリックをお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。